マンション

一人暮らしの落とし穴

大阪で一人暮らしを始めて気が付いたこと。

これにはいろいろあります。たとえば公共料金。これまで水も電気もタダのように感じていたものが、当然のことですが実際はしっかりお金がかかっていたということを思い知らされます。そしてそれが有無を言わさず毎月毎月積み重なっていくのだから、なるほど少しは節約もしてみようかという気にもさせられるわけです。おそらく、そんなことは一人暮らしを始める前には考えてもみなかったという人が多いでしょう。

次に食事ですが、これも当然黙っていても今までのように出てきたりはしません。お腹が空いたら何かを食べなければいけませんし、何かを食べるには自分で買い物に出かける以外あいません。買い物もその日その日適当に欲しい物をかごに放り込んでいるようでは、思わぬ出費がかさんでしまいます。そうした日々の金銭面の管理というものがいかに重要なことか、一人暮らしによって否応なく知らされるわけです。

とはいえこのあたりはまだ想像がつくでしょう。意外と落とし穴なのが病気です。

ちょっとした風邪であっても、起き上がることは辛いですし、もちろん出かけたりすることは大変な困難になるでしょう。それでもこれまでのように寝込んでいれば誰かが薬や食事を買ってきてくれたり、世話をしてもらえるということはないのです。おまけに病気がひどくなればなるほど、結局自分一人で病院に出向かなければならなくなるのです。

日々の買い物や掃除などに比べ、日常的に意識することがないからこそ、いざ一人暮らしをはじめてから病気になったときには多くの人は往生してしまいます。

こうした自体を避けるためには、あらかじめ助けてくれる友人などの心当たりを作っておくか、事前に常備薬や非常食などを用意しておくと助かるかもしれません。

一人暮らしは商店街の近くが便利?

大阪で一人暮らしをする場合、その居住地を選択するにあたっては様々ある。

その中で、自炊を目的とする方は、スーパーというよりも商店街の存在を
少し考慮するとより幅が広がることがある。


一人暮らしの場合、その多くの人は、ワンルームであるなどそれほど大きな部屋ではなく、
また、コンパクトな台所のところに共住することが多いだろう。

そうなった場合に、冷蔵庫の大きさが問題となる。

部屋が大きくない場合には、冷蔵庫を大きなものをおけない。

また、作り付けの小型のものがついている場合もあるだろう。

特に小型のものは冷蔵スペースが小さい。

そのため、保存という観点ではものたりないのである。

とするならば、買い物も工夫しなくてはならない。


スーパーではなく、商店街というのは、食材の買い物において、一人暮らしに適した
量を買える場合が多いということである。

例えば、肉屋などは、100g単位で購入できる。八百屋も交渉次第で、ニンジン一本など
という買い方もできる。保存がきかない以上、必要最低限のものを買い、傷まないうちに使い切るということが一人暮らしの自炊には重要なことである。

そういった意味で、商店街が近くにあるというのは、一人暮らしの自炊をするものにとってありがたい存在なのである。


東京でマンスリーマンションをかりるならマンスリー新宿の「エルシボックス」を利用することをおすすめします!

RECENT INFORMATION

TOP